モリカレ 新着情報

モリカレ グローバル化への取組み(留学・英語)

2017/03/05 更新

モリカレでは、サービス業界のグローバル化に対応する人材育成に力を入れています。

今年度の取組み及びこれから取り組んでいく内容の一例が下記となります。

 

1、「2週間のドイツ研修」にトラベルビジネス科学生が参加。

 

本校トラベルビジネス科の学生が、社会人などを含む全国募集15名の一人に選ばれ、昨年8月にドイツへ2週間の研修に行ってきました。

 

IMG_0063 IMG_0148

 

 

研修テーマは…「若者が活躍する社会

1、男女共に輝く社会(ワークライフバランス、キャリア形成)

2、技能の継承(ものづくりに関する歴史と文化、マイスター制度)

 

上記のテーマに基づいて、

●ドイツの企業訪問…団体や企業を訪問し、若手社員と意見交流

●合宿セミナー…ドイツの団体とディスカッションを行い、テーマに関する考えを深める

●ホームステイ…ドイツの家庭に2泊3日滞在し、ドイツの生活習慣や文化を学ぶ

 

普段経験することのできないドイツでのディスカッションホームステイはますます「グローバルな視野」を育む良い機会になりました。

 

2、英語力強化の取り組み

 

ホテルビジネス科・トラベルビジネス科のセブ島語学研修

 

上記2学科については、就職する企業や地域によって英語力が問われる分野であるため、学科の全員が参加する語学留学をリゾート地で有名な「セブ島」で実施しました。

P2030207

 

この研修は、英語力アップはもちろんのこと、海外で生活するという異文化体験を通じて他国の文化や人々と触れ合って刺激を受け、人間的な成長も遂げる目的で実施します。

 

出発前は、英語が苦手だった学生も現地で楽しく学び、かなりのレベルアップをして日本に帰ってきました!また、学生ひとり一人が積極的になったように感じます。

 

尚、モリカレの留学については、出発前のインターンシップで企業様からいただくお給料で費用のほとんどをまかなえる仕組みとなっています。

 

●英語検定(TOEICなど)対策

 

首都圏など外国人旅行客がたくさん訪れる地域のホテルや観光業へ就職する際に必要となってくるのがTOEICなどの英語力を測るテストでの成績です。

 

モリカレでは、これまでもTOEIC対策などの英語力アップの取り組みをしてきましたが、次年度からは特に外資系ホテルや航空会社への就職を希望する学生の英語力向上を図るプログラムを導入していきます。

 

航空会社などへの就職時に必要となるTOEICのスコアは、550点(990点満点中)が基準となっており、モリカレではこのスコアを保証するプログラムを次年度からスタートさせます。